TOUCHのご案内

 

医療,福祉,教育の分野で,要介護者(児)の摂食嚥下機能障害(口から食べられない)、音声言語機能障害(言葉が話せない)に取り組まれている方々への支援を行なう一般社団法人です. 口腔生理学,摂食咀嚼嚥下に関わる解剖・生理学,音声言語病理学にもとづいたプログラムを提供しています.(過去のプログラム

施設や病院の利用者さんの問題の評価とスタッフの方々の技能の評価に基づいた最適な技能向上のためのプログラムを提供し,病院・施設の質を向上することにご協力しています. 

おおさか地域創造ファンドLG2.jpg今年度,このプログラム提供事業は,平成26年度「おおさか地域創造ファンド」地域支援事業に採択されました!

採択事業内容は,「高齢者施設等の利用者に対して安全・快適に「口から食べる」ことを支援できるスタッフ養成プログラムの提供事業」です.

 プログラム提供事業の他にも,社会貢献の一環として,セミナーを開催しています.

各地の歯科医師会での医科歯科連携のお手伝いもしています.

 

この分野に関わる方々のスキルの向上をめざし,多くの要介護者(児)の方々が快適に食事をし,ご家族を含め皆さんが喜んでいただけることを目指しています.


今年度から,多くの参加者の方からのご希望がある認定士制度を発足しました.ご関心のある方々はこちらのページからどうぞ.


2017年より,セミナーのダイジェスト版(セミナーをパートにしています)をYoutubeを用いての配信を始めました.スマホや携帯でも閲覧できるようにしています.セミナー前の予習や受講後の復習に使っていただきたいと思います.


 
 

平成29年度セミナー開催日程

29年度のセミナー(基礎A,基礎B,アドバンスト,口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能セミナー)ならびにグループワークの日程が決まりました.お申し込みと詳細は後日,本WEBページで公開します.口腔装置実習の日程は未定です.なお,グループワークは,これまでと異なり,セミナーAおよびBの後に行います.

 

平成29年

7月30日  第38回 基礎Aセミナー(池田商工会議所)

8月27日  第39回 基礎Bセミナー(大阪大学コンベンションセンター)

10月5日  第40回 グループワーク (大阪大学コンベンションセンター)

11月26日 第41回 アドバンストセミナー (大阪大学コンベンションセンター)

 

平成30年

3月25日 第42回 口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能セミナー

未定 第43回 口腔装置実習セミナー

今年度のシリーズセミナーの日程(アドバンストの開催日が変更されました)

今年度のセミナー(基礎A,基礎B,アドバンスト,口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能セミナー)ならびにグループワーク,口腔装置実習の日程が決まりました.詳細はこちらから.今年度発足する認定士申請のための基本セミナーです.

 

28年

5月22日 基礎Aセミナー(終了しました.有り難うございました)

8月28日 基礎Bセミナー(終了しました.有り難うございました.)

10月23日アドバンストセミナー終了しました.有り難うございました. 

 

平成29年

2月19日 第34回 口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能セミナー

終了しました.有り難うございました.

speechと摂食嚥下機能の要衝である,口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能について正しい情報を提供します.なぜ構音訓練は嚥下障害に無効なのか?運動性構音障害にはどんな装置が有効なのか?blowing訓練はどんな方法が正しいのか?等々,日頃の臨床でモヤモヤしながら行うことの誤りと正しい介入について生理学に基づいて考えます.

 

3月5日 第36回 セミナー グループワーク (大阪研修センター江坂)

(終了しました.有り難うございました.)

これまでにTOUCHセミナーを受講して下さった方に限定した模擬事例検討セミナーです.
セミナーで学習していただいた知識や理論を現場で応用する上での考え方をグループ作業を通じて獲得していただきます.誤って覚えていた情報や方法に気づくことも多い有意義な時間です.

 

3月26日 第37回 口腔装置実習付セミナー(池田市商工会議所)

PAP(舌接触補助床),PLP(軟口蓋挙上装置),Bulb型Speech aid/Swallow aidなどの装置を用いた治療・訓練法と装置作成実習を生理学に基づいて行います.

(申し込み締め切りました.お申込み,有り難うございました.)

一般社団法人TOUCH口腔機能リハビリテーション認定士制度始まる

かねてより受講者の皆さんの多くから希望があり,予備的に準備を進めてまいりました「一般社団法人TOUCH口腔機能リハビリテーション認定士」制度を発足いたしました.

当面(平成28年現在から29年9月30日まで)を暫定期間として,過去に受講して下さった方々の受講修了証(証明書)によって認定いたします.暫定期間の細則はこちらです.

認定制度規則の詳細はこちらにUPしております.

認定申請・登録までの流れ

 

1. 必要書類をそろえる

@関連職種の免許等(例.歯科医師免許)のコピー

A過去に受講したTOUCHセミナーの修了証(基礎A,基礎B,アドバンスト,VPF)原本の用意

    ↓

2.申請書のダウンロードと記入(様式1,様式2,様式3)

 

3.郵便振替により申請費の振込・払い込み受領証のコピーを様式1に貼付

    ↓

4.必要書類(様式1,様式2,様式3,関連職の免許等のコピー,TOUCHセミナー修了証の原本)の書留郵便での送付.この段階では様式4(登録申請書)は送らないでください.登録申請書は,認定審査後に通知してからお送りください.

 

5.認定審査会後,認定された方にはお送りくださった書類一式とともに通知します.(認定審査会は,1年に2回開催します.暫定期間中は,28年12月,29年3月,6月,9月です)

    ↓

6.登録希望者は,登録料を郵便振替により申請費の振込,払い込み受領証のコピーを登録申請書(様式4)に添付し,必要事項の記入と送付.

 

以上です.

終了した最近のセミナー

2月19日 TOUCHセミナー 「世界でここだけの口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能」セミナーは,久しぶりの大阪大学コンベンションセンターで,85名の方々のご参加をいただき,終了しました.有り難うございました.