TOUCHのご案内

 

医療,福祉,教育の分野で,要介護者(児)の摂食嚥下機能障害(口から食べられない)、音声言語機能障害(言葉が話せない)に取り組まれている方々への支援を行なう一般社団法人です. 口腔生理学,摂食咀嚼嚥下に関わる解剖・生理学,音声言語病理学にもとづいたプログラムを提供しています.(過去のプログラム

施設や病院の利用者さんの問題の評価とスタッフの方々の技能の評価に基づいた最適な技能向上のためのプログラムを提供し,病院・施設の質を向上することにご協力しています. 

おおさか地域創造ファンドLG2.jpg今年度,このプログラム提供事業は,平成26年度「おおさか地域創造ファンド」地域支援事業に採択されました!

採択事業内容は,「高齢者施設等の利用者に対して安全・快適に「口から食べる」ことを支援できるスタッフ養成プログラムの提供事業」です.

 プログラム提供事業の他にも,社会貢献の一環として,セミナーを開催しています.

各地の歯科医師会での医科歯科連携のお手伝いもしています.

 

この分野に関わる方々のスキルの向上をめざし,多くの要介護者(児)の方々が快適に食事をし,ご家族を含め皆さんが喜んでいただけることを目指しています.


今年度から,多くの参加者の方からのご希望がある認定士制度を発足しました.ご関心のある方々はこちらのページからどうぞ.



 
 

今年度のシリーズセミナーの日程(アドバンストの開催日が変更されました)

今年度のセミナー(基礎A,基礎B,アドバンスト,口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能セミナー)ならびにグループワーク,口腔装置実習の日程が決まりました.詳細はこちらから.今年度発足する認定士申請のための基本セミナーです.

 

28年

5月22日 基礎Aセミナー(終了しました.有り難うございました)

8月28日 基礎Bセミナー(終了しました.有り難うございました.)

 

10月23日アドバンストセミナー(登録締め切りました) 

治療的-維持的,口腔清掃-口腔機能療法の4つの組み合わせのいずれを採用するかについてをフローチャートでの考え方を講義します.

 

平成29年

2月19日 第34回 口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能セミナー(大阪大学コンベンションセンター)

speechと摂食嚥下機能の要衝である,口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能について正しい情報を提供します.なぜ構音訓練は嚥下障害に無効なのか?運動性構音障害にはどんな装置が有効なのか?blowing訓練はどんな方法が正しいのか?等々,日頃の臨床でモヤモヤしながら行うことの誤りと正しい介入について生理学に基づいて考えます.

 

3月5日 第36回 セミナー グループワーク (大阪研修センター江坂

これまでにTOUCHセミナーを受講して下さった方に限定した模擬事例検討セミナーです.
セミナーで学習していただいた知識や理論を現場で応用する上での考え方をグループ作業を通じて獲得していただきます.誤って覚えていた情報や方法に気づくことも多い有意義な時間です.

 

3月26日 第37回 口腔装置実習付セミナー(池田市商工会議所

第35回 TOUCH VPF(口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能)セミナー受付開始しました

VPF陦ィ邏冱um.jpg口蓋帆咽頭閉鎖機能,あまり耳にしない術語ですが,ヒトにしかない機能であるspeechでは重要な機能です.一般的には,『軟口蓋で咽頭を閉じる機能』として扱われますが,この機能自体は声を作るのではありません.そのため,言語の臨床・研究・教育では軽く見られることが多いのが現状です.その背景の一つは,ヒトが二足歩行することによって獲得した機能だからです.つまり動物実験が不可能ということで,情報が少ないことにあります.近年には,摂食嚥下機能の要衝でもあることが明らかになってきていますが,ほとんどの成書にも正しい情報が記述されていません.

今回のセミナーは,この軟口蓋運動を中心とする「口蓋帆咽頭閉鎖機能」についてです.この機能についての研究者は世界的に見てもほとんどいません.すなわち,今回の口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能セミナーは,世界的にも例のないセミナーです.

なぜスピ−チエイドが効かないのか? なぜblowing訓練はだめなのか? なぜ構音訓練が嚥下障害には効果がないのか?などを音声言語生理学の視点から解きほぐし,ではどう考えて対応するのかについての指針を提供したいと思います.

今回も日本歯科医師会生涯研修事業認定研修会,日本歯科衛生士会「特別研修」「認定更新生涯研修」(申請中)です.

 

■ 日  時 平成29年2月19日(日)13:00〜17:00

■ 会  場 大阪大学コンベンションセンター

■ アクセス 

【阪急電車】阪急千里線北千里駅から徒歩15分

【北大阪急行線】  

千里中央駅下車.阪急バス「阪大本部前」行または「茨木美穂ヶ丘」行に乗車.「阪大本部前」下車 徒歩3分

大阪モノレール】大阪モノレール阪大病院前から構内を徒歩10分

【JR東海道線】JR茨木駅から近鉄バス 阪大本部前

■ 定  員  70名

■ 参加費(資料代含む) 医師・歯科医師  7000円   左記以外  5000円

■ 振込先 ゆうちょ銀行 口座番号 00930-4-91119

  (ゆうちょ銀行以外の銀行からの場合の振込先)

  ゆうちょ銀行店名(店番) 099 当座預金口座番号 0091119

  名義 一般社団法人TOUCH(名称シャ)タッチ)

 

お申し込みはFAXでも可能です.


(案内のダウンロード)←マウスオーバーしてクリックしてください

(Fax用紙のダウンロード)マウスオーバーしてクリックしてください

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダタロウ)
ご職種(必須)
医師・歯科医師
歯科衛生士
看護師
栄養士
PT
OT
ST
介護職
その他
受講票の送付や連絡の際にご希望される連絡先(必須)
勤務先
ご自宅
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
勤務先名(必須)

(例:山田商事株式会社)
勤務先名(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダショウジカブシキガイシャ)
郵便番号(必須)

(例:123-4567)
都道府県

(都道府県を選択して下さい。)
勤務先住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
FAX(必須)

(例:03-1234-5678)
自宅郵便番号(必須)

(例:123-4567)
自宅住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
自宅TEL

(例:03-1234-5678)
自宅FAX

(例:03-1234-5678)
お振込み予定金融機関(必須)

(例:touch銀行池田支店)
参加費お振込み予定日(必須)

(例:10月20日)
お振込みを参加者以外の方がされる場合のお振込みの方のお名前
上記の場合のご連絡先住所
上記の場合のお電話
自宅都道府県

(都道府県を選択して下さい。)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

第36回TOUCH摂食咀嚼嚥下セミナー(グループワーク)の募集を開始しました

表紙・口腔ケアプログラムの作り方.jpgこれまでにTOUCHセミナーを受講して下さった方に限定した模擬事例検討セミナーです.
セミナーで学習していただいた知識や理論を現場で応用する上での考え方をグループ作業を通じて獲得していただきます.誤って覚えていた情報や方法に気づくことも多い有意義な時間です.

参加者の方々4〜5人からのグループ(TOUCHがグループ分けします)で,どのような介入を行うかを議論していただいて介入の計画を作成して頂きます.作成後,グループ毎に発表して頂き,チューターと参加者全員で検討します.

注意!お申し込みをグループでしていただく必要はありません.個人でお申し込みくださって問題ありません.グループは事務局で作らせていただきます.

 

■日 時 平成29年3月5日(日) 12:30〜16:00

■会 場 大阪研修センター江坂

■アクセス

・JR新大阪駅4分 地下鉄御堂筋線 江坂駅 徒歩2分

・地下鉄御堂筋線梅田駅9分 江坂駅 徒歩2分

■ 定  員  30名(グループを構成するために最少開催人数15名に満たない場合には中止いたします.)

■ 参加資格  これまでのTOUCHセミナーを受講された方に限定します.

■ 参加費(資料代等を含む)   医師・歯科医師  5000円 左記以外:4000円

■ 参考資料  「摂食嚥下障害のキュアとケア」(医歯薬出版)

「生活参加を支援する口腔ケアプログラムの作り方」(永末書店)をお薦めします.お持ちください.

 

案内書のダウンロードはこちらまで(マウスオーバーしてください)

FAXで申し込み書のダウンロードはこちらまで(マウスオーバーしてください)

お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダタロウ)
ご職種(必須)
医師・歯科医師
歯科衛生士
看護師
栄養士
PT
OT
ST
介護職
その他
御一緒される方がおられますか(必須)
いる
いない
おられる場合,その方々のお名前
※2500 文字以内でお願いします
受講票の送付や連絡の際にご希望される連絡先(必須)
勤務先
ご自宅
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
勤務先名

(例:山田商事株式会社)
勤務先名(フリガナ)

(例:ヤマダショウジカブシキガイシャ)
勤務先郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
勤務先都道府県

(都道府県を選択して下さい。)
勤務先住所

(例:豊島区東池袋1-1-1)
勤務先TEL

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
勤務先FAX

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
自宅郵便番号(必須)

(例:123-4567)
半角でお願いします。
自宅都道府県(必須)

(都道府県を選択して下さい。)
自宅住所(必須)

(例:豊島区東池袋1-1-1)
自宅TEL(必須)

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
自宅FAX

(例:03-1234-5678)
半角でお願いします。
お振込み予定金融機関(必須)

(例:touch銀行池田支店)
参加費お振込み予定日(必須)

(例:10月20日)
お振込みを参加者以外の方がされる場合のお振込みの方のお名前
上記の場合のご連絡先住所
上記の場合のお電話

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

一般社団法人TOUCH口腔機能リハビリテーション認定士制度始まる

かねてより受講者の皆さんの多くから希望があり,予備的に準備を進めてまいりました「一般社団法人TOUCH口腔機能リハビリテーション認定士」制度を発足いたしました.

当面(平成28年現在から29年9月30日まで)を暫定期間として,過去に受講して下さった方々の受講修了証(証明書)によって認定いたします.暫定期間の細則はこちらです.

認定制度規則の詳細はこちらにUPしております.

認定申請・登録までの流れ

 

1. 必要書類をそろえる

@関連職種の免許等(例.歯科医師免許)のコピー

A過去に受講したTOUCHセミナーの修了証(基礎A,基礎B,アドバンスト,VPF)原本の用意

    ↓

2.申請書のダウンロードと記入(様式1,様式2,様式3)

 

3.郵便振替により申請費の振込・払い込み受領証のコピーを様式1に貼付

    ↓

4.必要書類(様式1,様式2,様式3,関連職の免許等のコピー,TOUCHセミナー修了証の原本)の書留郵便での送付.この段階では様式4(登録申請書)は送らないでください.登録申請書は,認定審査後に通知してからお送りください.

 

5.認定審査会後,認定された方にはお送りくださった書類一式とともに通知します.(認定審査会は,1年に2回開催します.暫定期間中は,28年12月,29年3月,6月,9月です)

    ↓

6.登録希望者は,登録料を郵便振替により申請費の振込,払い込み受領証のコピーを登録申請書(様式4)に添付し,必要事項の記入と送付.

 

以上です.

終了した最近のセミナー

5月22日 池田商工会議所にて,第32回TOUCH 基礎セミナーAを開催しました.

相変わらずの「場面晴れ男」の面目躍如で雨は降らず,80名あまりのご参加をいただきました.

8月28日(日) 基礎セミナーB を池田商工会議所については,会場も時刻も既決ですが,

アドバンストセミナーは,当初予定していた会場と開始時刻が変更になりました.

10月23日 大阪大学コンベンションセンターに変更になりました.お間違いになられず,お越しください.